HOME>Column>家賃債務保証会社のサポート【賃貸経営の強い味方】

家賃債務保証会社のサポート【賃貸経営の強い味方】

女の人

安定した賃貸管理をするために必要なコト

賃貸の管理を行う際に最も重要なことは、毎月の家賃がしっかりと回収出来ることであり、そのためにはまず信用できる入居者を選ぶ必要があります。一般的に、賃貸契約を行う際は入居者が連帯保証人を立てることによってその信用が担保されますが、それだけでは十分でない場合もあるでしょう。いくら連帯保証人がいるといっても、滞納された家賃を回収するために余計な手間や時間がかかってしまうことも少なくありません。また近年の社会状況により、収入が不安定な人も増えているため、家賃滞納の問題も今後増えてくる可能性があります。そのため最近は、滞納した家賃の立替などを行う家賃債務保証と呼ばれるサービスの必要性が高まってきていると言えるでしょう。

不動産模型とお金

家賃債務保証とは一体何か

家賃債務保証とは、入居者が手数料を支払うことによって、保証会社が賃貸契約をする際の連帯保証人になってくれるサービスです。そのため、家賃の滞納が発生した場合の立替や退去時の原状回復費用の負担といった、連帯保証人が負うべきことを保証会社が肩代わりしてくれるため、大変便利なのです。他にも家賃債務保証会社では、毎月の家賃回収業務などのサービスを提供しています。不動産のオーナーにとっては、保証会社に安定した家賃収入を保証してもらえるため、急な収入減少といったトラブルを回避できるというメリットがあります。どの範囲のサービスまで提供されているのかは会社によって異なります。家賃債務保証の手数料は、月額賃料の3割〜10割を初回に支払い、更新時は月額賃料の1割〜1万円程度の更新料がかかるのが一般的でしょう。そして最近では、連帯保証人が立てられる場合も家賃債務保証の利用が義務付けられている物件も多く、より安定した家賃回収のために利用されています。